The Mystery Of Hollow Inn (Samantha Wolf Mysteries #1)

■英語読書の記録(656冊目)

B00HMYJRZQ The Mystery Of Hollow Inn (Samantha Wolf Mysteries Book 1) (English Edition)
Tara Ellis
Tara Ellis Publications 2014-01-01

by G-Tools

Author : Tara Ellis
Series : Samantha Wolf Mysteries #1
Genre : Kids, Mystery
RL=4.0、単語数=24000(概算)、ページ数=151、☆3.5
[Kindle Edition]

12才のSamantha Wolfと親友のAllyは夏休みを叔父のBillと叔母のBeth夫妻が経営する
Hollow Innで過ごすためにMontanaの山奥を訪れる。
そこは大自然に囲まれ神秘と伝説に満ちた素晴らしい場所だった。
しかし2人は到着して直ぐにその旅館の経営が上手くいっていないことを知る。
かつてのこの地を拓いたShawn Hollowとその家族についての伝説が様々な風評となって広がり、
実際に旅館内で幽霊騒ぎが起きるに至って宿泊客が皆キャンセルしてしまったのだ。
SamはAllyとともに叔父夫妻を助けるために、失われたという宝を発見するために調査を始めるが・・・
・・・
Amazon.comのKindleストアを探してみると子供向けミステリが本当に沢山あって驚かされます。
これもそんな作品のうちのひとつなのですが、前回読んだ『A to Z Mysteries』などと比べると
少々上の年齢層がターゲットといったところで、世界観もよりリアルに近い感じがします。
例えば”vandalism”なんていう単語は『A to Z~』では絶対に出てこないでしょうね。
Allyは日頃は携帯電話を片時も離すことなく常に誰かとチャットしているような娘なのですが、
電波の届かない山奥で最初はがっかりするものの
「チャットするのはほとんど義務でやっててそんなに楽しくない」とSamに告白するのは
いかにも現代っ子らしい感じがします。

ミステリ部分はちょっと怪しいところもありますが破綻無く完結していて
思わずツッコミたくなるようなこともありませんでした。(^^ゞ
ただ全体的にストーリーはどこかで読んだことがあるようなパターンの積み重ねで
目新しさはあまり感じられません。
またシリーズの1巻目ということもあるのか2人のヒロイン、SamとAlly、のキャラ立ても
いまひとつ成功しているとは思えずちょと残念なところではあります。
とは言えAmazon.comやgoodreadsでの読者レビューの点数は決して悪くありませんし、
シリーズも既に7巻まで出ているようなので一定の人気はあるようですね。
英文レベルは比較的易しく価格も安めなので多読用にも向いていますし、
私も機会があったら続編を読んでみたいと思います。

それにしても表紙のイラストの2人はもうちょっとどうにかならなかったのかなあ・・・

<関連リンク>
・INDEX – Samantha Wolf Mysteries
・WEB SITE – Tara Ellis (Meyers), Author & Photographer

Harry Potter and the Sorcerer’s Stone (Harry Potter #1)

■英文多読に挑戦(648冊目)

0545582881 Harry Potter and the Sorcerer’s Stone
J. K. Rowling Mary Grandpré
Scholastic Trade 2013-08-27

by G-Tools

Author : J. K. Rowling
Series : Harry Potter #1
Genre : Kids, Fantasy
RL=6.0、単語数=77508、ページ数=309、☆4.5

10歳のHarry Potterは孤児としてロンドン近郊に住むDursley家に引き取られて暮らしていたが、
叔父のVernon Dursleyと叔母のPetuniaには半ば虐待のような仕打ちを受け、
従兄のDudleyと彼の取り巻き達にもいじめられる毎日を送っていた。
Harryは自分が窮地に陥ると何故か不思議なことが起こることを自覚していたが、
それが何なのかは知る由もなかった。
彼は叔父夫婦から両親は交通事故で死んだとだけ聞かされそれ以上の質問は許されなかったため、
両親のことや自分の額にある稲妻のような傷の原因についても全く知らなかった。
Harryが11歳の誕生日を目前にしたある日、彼の元に謎の手紙が届くが
それを目にした叔父夫妻は青ざめ、彼から手紙を取り上げその内容は一切教えてくれなかった。
しかしその日から毎日同じ手紙が何通も届くようになり、
遂に一家は手紙に埋まった家から逃げ出して遠い街のホテルに泊まるが、
そこにも手紙が届くに至って人気のない海上の小屋に逃げ込む。
そして嵐となったその夜 - Harryが11歳になった時、
Dursley一家の前にHagridと名乗る大男が現れ、Harryを迎えに来たと言う・・・
・・・
私が英語多読を始めた時、こんな目標を書いていました。
>とりあえず1年以内に100万語、
>1年後にHarry Potterシリーズが読めること
はい。100万語読めばハリポタくらい楽々読めるようになると思っていた時期が
私にもありました。(^^;

それから6年半、ようやく念願のHarry Potterにたどり着くことが出来ました。
正直この第1巻目は1年前でも読めたかなとは思うのですが、
いつからか大台突破はこの本でと思うようになって今までひたすら我慢し、
ここに1000万語通過となりました。
単語数や冊数とかの数字は長く続けていれば自然と増えていくものなので
それ自体に大した意味はありませんし、
3~4年で1000万語を超えるタドキストも大勢いらっしゃるので、
逆に自分のノロノロぶりが少し恥ずかしくもあります。
まあ1つだけ自慢できるとしたら、読んだ全ての本のレビューを
(内容はともかくとして)このブログに残して来たことだけでしょうか。

私は洋書に関しては原則としてKindle版を購入しているのですが、
このシリーズを読み始めるに当たってあえてペーパーバックスを選択し、
また通は(?)作者のネイティブであるUK Editionを読むのだそうですが、
ここもあえてUS Editionを選びました。
というのもこのBOX SETがどうしても欲しかったからです。(^^ゞ

ハリポタ2

そう、あの『Amulet』シリーズのKazu Kibuishiさんの装丁版です。
内容は変わらないのでそこまでこだわる必要はないのですが、
どうせ飾っておくのなら(オイ)自分が好きなデザインが良いですよね。

これをいつ全巻読み終えることが出来るのかまったく分かりませんが、
今までと同様にゆっくりとしかし少しずつでも前に進みたいと思います。

考えてみたら本の感想について全く書いてませんね。
まあ超人気作品なので皆さん物語は良く知っているだろうから良いよね。(笑)

ここまでの合計。648冊、単語数=10037840

<関連リンク>
・INDEX – Harry Potter
・WEB SITE – Pottermore

The Necromancer (The Secrets of the Immortal Nicholas Flamel #4)

■英文多読に挑戦(645冊目)

B0036S4C20 The Necromancer (The Secrets of the Immortal Nicholas Flamel)
Michael Scott
Delacorte Books for Young Readers 2010-05-13

by G-Tools

Author : Michael Scott
Series : The Secrets of the Immortal Nicholas Flamel #4
Genre : YA, Fantasy, Mythology
RL=6.5、単語数=82458、ページ数=403、☆4.0
[Kindle Edition] [オーディオブックと併せて聴き読み]

様々な苦難の末にNicholas & PerenelleのFlamel夫妻と双子のSophie & Josh Newmanは
ようやくSan Franciscoに戻って来た。
しかしこの1週間ほどの間にSophieとJoshの運命は全く変わってしまっていた。
2人はFlamel夫妻をどこまで信用して良いのか未だに計りかねており、
最も信頼できるScathachは行方不明のままだった。
2人は一時の休息として祖母の待つ自宅に帰るが、そこにAoife(イーファ)と名乗る
Scathachの双子の姉が現れ、Sophieは彼女に連れ去られてしまう。
一方Dr. John DeeはPerenelleの力を過小評価したために彼女をアルカトラズで抹殺することに失敗し、
また魔法の書Codexの最後の2ページを回復することが出来ずに彼のElderの期待を裏切ったため、
逆に敗北者として追われる立場になる。
しかし彼は4本の伝説の剣を手に入れ、Codexの力と共にアルカトラズに閉じ込めている
邪悪なクリーチャーを解き放って世界をコントロールしようしていた。
そしてそれには強力なJoshの力が必要だった・・・
・・・
『Nicholas Flamel』シリーズの4巻目。前巻を読んでから1年半も経ってしまって
もしかしたらウラシマ状態かと思ったのですが結構覚えているものですね。
読み始めたらすんなりと物語に入っていくことが出来ました。
相変わらずこのシリーズは登場人物(人だけじゃないけど)が多いうえに、
常に4つくらいのストーリーが平行して進んで、それぞれが途中で交差したり
人が入れ替わったりで全く先が読めません。

前巻でJoshは少し成長したかなと思ったのですが、やっぱりダメダメでした。(^^ゞ
確かにFlamel夫妻が伝説の双子を探して今まで何組もの双子に対して酷い仕打ちをしてきたことに
不信感を持つのは仕方ないにしても、それをキチンと確かめようともせず
一方的にDeeの話を信じてしまうのはちょっとね。
Aoife(イーファ)に「Sophieと直に話して決断しなさい」と言われたのを
全く理解していないのに腹が立ちます。
そしてDeeはJoshを引き込んだことで完全なCodexを手に入れたことになり
(最後の2ページはJoshが持っている)、4本の伝説の剣と共に最強の力を得て
この後どんな行動に出るのか、次巻へのお楽しみです。

Aoifeはスゴい嫌な奴かと思ったら、Scathachの双子だけあって良い人(人じゃないけど)でした。
このまま退場ならちょっと可愛そう過ぎるけど、きっとどこかで再登場する気がします。
そして出てきたのが日本人キャラNiten。
にてんって誰?と思って調べたらなんだ宮本武蔵さんのことなんですね。
なかなか渋いし強いし、この先も是非活躍して頂きたいところです。
まあNitenさんの趣味がクラシックカーを集めることだというのは結構笑えますが。

ここまでの合計。645冊、単語数=9839391

<関連リンク>
・INDEX – The Secrets of the Immortal Nicholas Flamel
・作者のWEB SITE – Michael Scott Official Site

Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children (Miss Peregrine’s Peculiar Children #1)

■英文多読に挑戦(633冊目)

1594746036 Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children (Miss Peregrine’s Peculiar Children)
Ransom Riggs
Quirk Books 2013-06-04

by G-Tools

Author : Ransom Riggs
Series : Miss Peregrine’s Peculiar Children #1
Genre : YA, Fantasy, Mystery
RL=7.0、単語数=84898、ページ数=352、☆4.0
[Kindle Edition]

Jacob Portmanは両親の仕事の都合で子供の頃はいつも祖父のAbeと共に過ごしていた。
Abeは若かった頃の奇妙な冒険や体験をJacobに話して聞かせ、彼はそれに魅了され感化される。
成長するにつれてそれらは祖父の作り話だと信じるようになるが、
それでも彼はAbeの一番の理解者だった。
Jacobが16歳の時、Abeは何者かによって殺され、死の際に駆けつけたJacobは
闇の中に恐ろしい怪物の姿を見てそれ以来悪夢に苛まれるようになる。
Abeの遺品の中の謎の女性からの手紙を見たJacobは祖父の過去と自分の悪夢の真実を
確かめるために祖父が子供の頃ナチスから逃れて住んでいたという
イギリス・ウェールズにある島に行くことを決心する。
Jacobはそこで祖父が住んでいたのは「特別な子供」のための孤児院だったと知るが、
その孤児院は第2次世界大戦のドイツ軍の空襲によって破壊され住んでいる者は誰もいなかった。
しかし2日目に再び訪れた時、彼は特別な子供達に出会ってしまう・・・
・・・
Jacobが出会ったのは彼が子供の頃祖父に見せられた写真の中の姿と全く変わらない
特別な子供(Peculiar)達でした。
彼らを追いかけるうちに現実とは全く違う世界に入り込んだJacoobは
そこがMiss Peregrineというymbryne(時間と空間を操る能力のある者)によって
管理されている空間で、
祖父のAbeが住んでいた時から全く変わらない時間をループしていることを知ります。
彼は昔Abeの恋人だった少女Emmaと恋仲になり、他の子供達と共に楽しい時間を過ごしますが、
一方で彼らを狙う悪人とモンスターの存在があり、それが祖父を殺した犯人であることを知るのです。

白状するとこの作品、かなり前に表紙に惹かれて紙の本を購入したものの、
英語が思ったより難しかったのと文字が小さすぎてつらかったのとで
長い間積ん読本になっていました。
その後Kindle版が半額ほどのバーゲンだった時に買い直し、
最近になって映画化されたことを知って公開になる前に読んでおきたいと思い
ようやく重い腰を上げることにしました。
表紙の雰囲気からてっきりおどろおどろしいホラー作品だとばかり思っていたのですが、
読んでみると完全なファンタジーで、死体が出てきたりロマンス展開があったりするので
ジャンルはYAにしておきましたが、
やっていることは子供達が活躍する児童書ミステリと大して変わりありません。

物語は前半くらいまではかなり面白かったのですが、後半になるとややダレてくる感じ。
たしかにラストに向けてモンスターの襲撃にJacobと子供達が対峙していくのは
ハラハラドキドキの展開ではあるのですが、もうひとつ盛り上がりに欠けるような気がしますし、
一話完結なのかと思ったら次巻に続くみたいな終わり方だったのもちょっと肩すかしでした。
英語の難易度も少々高く、難しい単語が多かったり1センテンスがやたらと長かったりと
私が今まで読んだ中では最も読みにくかった作品の1つかもしれません。
続きはとても気になるんですが、もう少し英語力を上げないとなあ。(^^ゞ

ここまでの合計。633冊、単語数=9343051



先にも書きましたが、この作品が映画化されて今秋に公開されるということなので
そのトレーラーをどうぞ。



確かにこんなお話なのですが、
Emmaのキャラ設定が原作とはちょっと違うかな。

<関連リンク>
・INDEX – Miss Peregrine’s Peculiar Children
・WEB SITE – Ransom Riggs

Daddy-Long-Legs

■英文多読に挑戦(602冊目)

B00JWQK23I Daddy-Long-Legs (Illustrated) (English Edition)
Jean Webster
2014-04-23

by G-Tools

Author : Jean Webster
Series :
RL=7.0、単語数=36327、ページ数=194、☆5.0
[Kindle Edition] [オーディオブックと併せて聴き読み]

Jerusha Abbottは17歳の今日までJohn Grier Home(旧態依然とした孤児院)で育てられ、
両親が誰かも知らなかった。
規則では孤児院には15歳までしか居られないのだが、
学業成績が優秀なことを認められて彼女は上の学校に通わせてもらうことが出来た。
卒業を控えたある日、Jerushaは院長のMrs.Lippettに呼ばれるが、
その途中出口に向かって歩く男性の車のヘッドライトによって出来た影が
廊下に長く伸びるのを見てまるで足長グモみたいだと愉快になる。
彼女は院長から孤児院の最有力評議員である男性が、
彼女の文才を評価し優れた小説家になれる可能性があるとして、
大学に進むための学費と月々の小遣いを援助するという申し出があったことを告げられる。
そしてその条件は彼女が毎月1回彼に手紙を書くことだと言う。
かくして、Jerushaの大学生活が始まり、彼女はJohn Smithという匿名の男性が
あの長い影の主だということを知り、Daddy-Long-Legsというニックネームを付けて
手紙を書き続ける・・・
・・・
いやあ面白かったなあ。(^^)
ということで最早何の説明もいらない「あしながおじさん」です。
その昔小学生の頃に読んだ記憶はあるのですが、当然ながら細かい部分はほとんど忘れていて、
読み進めるうちにそうそうこんなお話だったよねと懐かしい気持ちが甦ってきました。
とは言え原作を改めて読んでみると、恋愛小説という側面もあって児童書と言うよりは
YAに近い感じで、高校生かそれより上の大人の方が楽しめる作品だという気がします。

本作が出版されたのは1912年ということで100年も前のお話なのですが、
Judy (Jerusha) の大学や長期休暇での生活や体験したこと出会った人々の様子などが
瑞々しく生き生きと描かれていて今読んでも全く色あせていません。
総じてユーモアにあふれ、時には皮肉たっぷりに時には怒りや不満をぶつけ、
いつの時代も変わらない等身大の少女の姿がそこにあります。
読者は読み進めるほどにJudyの魅力に惹かれていくこと請け合いです。

Jerushaが院長に呼ばれる冒頭の部分の英語は少々難しく感じますが、
手紙のパートは比較的易しくてあっという間に読めるかなと思いきや、
Judyの成長と共に文学の話題や文学的表現が増えて語彙も難しくなって
後半に行くほど手こずるのは仕方の無いところでしょうか。
とは言え彼女の手紙を一気に読んでしまうのがもったいなく、
数章ごとに先ず一度オーディオブックで流し、次に分からない単語を調べながら黙読、
最後にもう一度オーディオブックと一緒に聴き読み、という過程を繰り返していたら
結局読了するのに3週間もかかってしまいました。(^^ゞ
でもそれだけの価値はあったかな。
何か古典の名作を読んでみたいと思っている方には是非オススメしたい一冊です。

しかしよく考えてみたらMaster JervisはJudyに対して自分の手口は全く明かさずに
相手の手は丸見え状態のカードゲームをやっているようなもので、ちょっとズルイよね。
病気になったのはきっとその罰が当たったに違いない。(^^;

ここまでの合計。602冊、単語数=8209889

<関連リンク>
・INDEX – Jean Webster