Kindle PaperWhiteを購入しました

■こんなモノを買った

私が英文多読を始めた直後に購入したのがKindle Keyboard
今までの3年間の多読生活を支えてくれた心強い相棒なのですが、
ここに来て少々調子が悪く、時々画面が真っ黒に暗転したりして
挙動不審な動作をするようになり、また以前は1ヶ月はもったバッテリーが
1週間くらいで充電アラートが出るようになってしまいました。
手元にはKindle Fireもありますが、日々の読書に使うには色々問題もあって
やはりここはE-inkタイプが1つ欲しいところ。
と言うことでKindle PaperWhiteを購入しました。

heartland
わが家のKindle3兄弟(左からKeyboard、PaperWhite、Fire)
PaperWhiteは輝度を2/3程度に落としているので、実際はもっと明るいです。

実際使ってみるとFireと操作性はほぼ同じですが、
そのまま速度が半分になった感じで体感速度はKeyboardとあまり変わりません。
E-inkのデバイスだとこのくらいが限度なんでしょうね。
タッチパネルの感度がやたらに良くて、時々ヘンな場所をうっかりタッチして
とんでもない所に跳んでしまうのが欠点ですが、それ以外は概ね満足しています。
いつかE-inkのカラー版 PaperColor(勝手に命名)が出るまでは、
このPaperWhiteでバリバリ読書したいと思います。

そしてKindle Fireですが、実はあまり使っていません。(^^ゞ
液晶の画面は毎日長時間読書するにはやはりちょっと無理がありますし、
コミックを読みたい時は画面が大きなiPad、
音楽を聴きたい時はiPhone + iTunes を選んでしまいます。
アンドロイドアプリもFireでは使えないものが多くて、
純粋にタブレットとしての使い道が今ひとつ見いだせていないのが正直なところ。
私にとってはちょっと失敗の買い物だったかもしれません。
でも周りの知人の何人かがやけにニンマリしているのは何故?

Kindle Fire HDを購入しました

本日はKindle Fireの発売日でした。
Kindleストアがオープンした時に、どれを買おうか迷ったのですが、
洋書に関しては今使っているKindle keyboardで何の不満も無かったので、
7インチ画面+コミックを目的にFireにすることにしました。
ガジェットおたくの私としてはタブレットとしてのKindle Fireで何が出来るのか
確かめたいという気持ちもあったので最上位機種のKindle Fire HDを選びました。

ハード的なレビューは他の方に任せるとして、
とりあえずブックリーダー&タブレットとしてどうなのかを考えてみます。

kindlefire1
左からFire HD、紙の原本、iPad+kindleアプリ(kindleストアからサンプルをDL)

Fire HDの画面はかなり明るくて、色も彩度が高い感じです。
個人的にはiPadの落ち着いた色が好きなのですが、
こうやって見ると双方とも紙の印刷とはだいぶ違いますね。
また実際に並べてみると7インチ画面でもコミック本よりはだいぶ小さいです。
解像度が高いので十分に読めますが、横にして見開きだとちょっと目にはつらいかも。
その点iPadは無敵ですね。画面の大きさからして当たり前なのですが。

kindlefire2

次にKindle Keyboardと比べてみました。
横はFire HDの方が1cmほど広く縦方向はほとんど同じ。
Keyboardオーナーの私としてはそれほど大きくは感じませんでした。
成人女性の手ならなんとか鷲掴みに出来る大きさでしょうか。
Fire HDの画面が明るすぎて、露出オーバーで飛んでしまいましたが
Fancy Nancy」の精密なイラストもくっきり見ることが出来ますし、
文字のにじみもありません。
ただE-inkの画面に比べると長時間の読書は眼が疲れそうなので、
画面の明るさを落とす等の工夫は必要だと思います。

半日ほど使ってみて、この製品はどういう人に向くのか考えてみました。
小説中心の読書でカラーはいらないと言う人はPaperWhiteで十分でしょうし、
コミックを中心に読みたければ、画面が大きくて
Kindleストア以外にも様々の日本のブックショップアプリが利用出来る
iPad miniの方が良いかもしれません。
またAndoroid端末としての汎用性を求めるならNexus7に分があるでしょう。
そう考えるとなかなか自信を持ってオススメしにくいのですが、
快適なWi-Fiさえあれば、ネットブラウズもサクサク出来ますし、
メールやTwitter、FacebookなどのSNSも出来ます。
限定的ですがアンドロイドアプリも購入可能です。
そういう意味では比較的安価で手軽なタブレットが欲しい人には
良いかもしれません。

この先アマゾンからどれだけ魅力的なコンテンツが出てくるか、
それを期待して待てる人なら後悔しないのではないでしょうか・・・たぶん。(^^ゞ

Kindle Keyboardのソフトウエアアップデート

Kindle FireやKindle Paperwhiteなど新製品がどんどん出てくる中で
ひっそりとフェードアウトするのかと思われたKindle Keyboardですが、
なんと最新のシステムソフトウエア(Ver. 3.4)がリリースされました。
アップデートの内容はこちら(訳すのが面倒なので原文のママ(^^ゞ)

  • Improved Font: We’ve improved the reading font to have more contrast and be more crisp.
  • Parental Controls: With the latest software update for Kindle Keyboard, parents can
    restrict
    access
    to the Experimental Web Browser, the Kindle Store, and Archived Items. While the Kindle Store and
    Archived Items are locked with Parental Controls, you can continue to buy books from a computer and
    send them to the Kindle wirelessly for a child to read.
  • Kindle Format 8: KF8 makes books look even better with support for author specified fonts
    and more
    book styling options.
  • Comic Books: Kindle Keyboard now supports comic books with Kindle Panel View. Supported
    titles can
    be purchased from the Kindle Store. Books open in Kindle Panel View by default (a view that allows you
    to read a comic book panel by panel).
  • Children’s Picture Books: Kindle Keyboard supports children’s picture books with Kindle
    Text
    Pop-Up. Supported titles can be purchased from the Kindle Store.
  • Whispersync for Voice: Now you can switch back and forth between reading and listening
    without
    losing your place. Whispersync for Voice will synchronize what you read on any Kindle platform device
    with Audible playback on Kindle Keyboard, Kindle Fire, or on Audible apps for iPhone and Android.

ペアレンタルロックは子供にKindleを持たせている親にとっては嬉しい機能でしょう。
なんせKindle Storeには安価なポルノ本が溢れてますからね。(^^;
KF8フォーマットの対応やコミックやピクチャーブックへの対応は、
書籍自体がそういうフォーマットでなければ恩恵は無いのであまり気にしなくてよさそう。
オーディオブックとの連携は正直便利なのかそうで無いのかよく分かりません。
最初活字で読んで途中からオーディオで聴くと言う人はどのくらいいるのかな?
オーディオの読み上げと同時に自動的にページ送りをしてくれるのなら嬉しいのですが、
それはKindle Fireだけの機能のようで残念。

今回明らかに変わったと感じるのは画面の輝度が上がって以前より少しだけ白っぽくなり、
文字やイラストのコントラストが上がったこと。
これにより通常の本はもちろんのこと、自炊で取込んだPDFなどもだいぶ見やすくなった
気がします。

kindle1

Kindle Keyboardが未だにラインナップに残っているのは、オーディオ機能が使えるのが
Fireを除けばこの機種だけになってしまったからだと思うのですが、
ユーザーとしてはまだまだ現役のままでいてくれるのは嬉しいことです。(^^)

新しいiPadとKindleアプリ

新しいiPad(ホワイト64GB Wi-Fiモデル)を購入しました。
iPad2は見送ったので初代から2年ぶりの買換えです。
製品レビューはこのブログではしませんが、
新しくなったKindle関連のアプリについて少々。

私のiPadにはKindleと名前が付いた3つのアイコンが並んでいます。

iPad-Kindle1

左が(スタンダードの)Kindleアプリで真ん中がクラウドリーダー、
一番右は先日ご紹介したiPad用Kindle Storeへのリンクアイコンです。

iPad-Kindle2 iPad-Kindle3

Kindleアプリ(左)とクラウドリーダー(右)をそれぞれ起動してみると、
両者ともほとんど似たような画面で、「クラウド」を選択すると
クラウド(Amazonのサーバ)上にある購入済みアイテムが表示されるのも同じです。

違いは何かと言うと、クラウドリーダーの方はサーバから書籍をダウンロードすることなく
オンラインで読めるので自分のiPhoneやiPadの容量が少なくても安心なのですが、
当然ながらネットに接続している必要があります。
一方、Kindleアプリはデバイス内に書籍をダウンロードするのが前提なので
ディスク容量の心配はしなくてはなりませんが、
クラウドリーダーには無い、辞書との連携機能があります。
以前からもこの機能はあったのですが、最新バージョンでは英英辞典ばかりでなく
仏語、独語、西語等、そして英和やなんと日本語(国語)辞典まで使えるようです。

iPad-Kindle4

これは来たるべきKindle Japan Storeへの布石なんでしょうかね。
個人的にはKindle本はやはりKindleで読むのが一番良いのですが、
購入記念(?)として、前にレビューしたSuper Burp!(Nancy Krulik著)は
iPadで読んでみました。

iPad-Kindle6

この作品には画像データが多目に使われていて、冒頭で前の学校の友達からの
George宛てのメッセージはKindleでは少し読みにくかったのですが、
iPadの高解像画面ではくっきりと見ることが出来ました。
これからもカラーイラストが多い本はiPadで、外出の移動時にはKindleでと
状況に応じた使い分けをしていきたいと思っていますが、
一度購入すれば多くのデバイスで読むことの出来るKindleならではの芸当ですよね。

audibleはじめました

以前にも書きましたが、私は洋書にしろ和書にしろ頭の中で音読してしまう悪い癖があります。
これが矯正できればもう少し読むスピードが上がって沢山の本を読めるのではないかと
ずっと考えていて、速読の真似事に挑戦してみたりしたのですが、
もうン十年も続いている習慣はそう簡単に変えられるものではありませんでした。

ところが最近「朗読少女」というアプリで日本の古典文学を聴いたり、
GRを朗読音声と一緒に聴き読みしたりしてみると、
結構頭の中が真っ白な状態で作品に没頭出来ることが分かりました。
この際なのでもう少しオーディオブックでの聴き読みを試してみようと思って、
以前から興味のあったaudibleに登録してみました。

Audible_KindleOffer

何やら色々なプランやキャンペーン(?)があって迷いましたが、
とりあえずAmazon.comからの30日間お試しプランにしてみました。

正直言って今は英語は「読むこと」にしか興味が無く、そんな時間があったら
1冊でも多く読んだ方が良いのかなと思わないことも無いのですが、
しかしまた言葉というのは読んで聞いて書いて話しての総合力だと考えているので、
オーディオブックを聴くことは必ずリーディングの力を向上させると信じています。
と、格好良いことを言っても、未だに小学校低学年レベルを読んでいる自分には
当然子供向けの作品しか選択肢は無いわけで、audible kidsから手持ちの本を探して
週に1冊くらいのペースで再読しようと思っています。
とりあえずはやっぱりMagic Tree Houseかな。(^^)

月々約1200円はキンドルの児童書が4冊も買える値段ですし、
読む(聴く)ことが出来る本も限られているのでいつまで続くか分かりませんが、
こちらも楽しみながら出来たら良いなと思います。