The Paper Magician (The Paper Magician #1)

■英語読書の記録(654冊目)

B00HVF7OL0 The Paper Magician (The Paper Magician Series, Book 1)
Charlie N. Holmberg
47North 2014-09-01

by G-Tools

Author : Charlie N. Holmberg
Series : The Paper Magician #1
Genre : YA, Fantasy
RL=5.8、単語数=63989、ページ数=222、☆4.0
[Kindle Edition]

Ceony Twillは失意のままにMagician Thaneの屋敷を訪れた。
彼女はTagis Praff魔法学校を最も優秀な成績で卒業し、金属を操る魔術師になりたいと思っていた。
しかしその希望に反して彼女は紙魔法の魔術師Mg.Thaneの見習いを言い渡される。
そしてそれはひとたび彼女の魔力が紙に結びつくと生涯解けないものとなることを意味していた。
最初は気乗りしないまま修行を始めるCeonyだったが、次第に紙魔法の魅力を知り始め、
またMg.Thaneの人柄にも惹かれるようになる。しかし同時に彼が何かの秘密を隠していることも感じる。
1ヶ月が経ったある日、Liraという女性が突如侵入し、Mg.Thaneの心臓を抜き取って逃げる。
CeonyはMg.Thaneを救うためLiraを追いかけるが・・・
・・・
う~む。これはまた評価しづらい物語だなあ。
面白いか?と聞かれれば確かに面白いんです。
続きを読みたいか?と言われればすごく読みたいです。
でも全体的に何かが物足りない、そんな印象なんですよね。
もともと魔術師として高い素質を持っていたCeonyはMg.Thaneの教えを素早く吸収し、
次第にFolder(紙魔術師)としての新しい世界に馴染んでいきます。
しかし戦いで使えるような魔法は何も知らないままにExcisioner(肉体を素材として操る禁断の魔術師)
と対決し、あっさりと破れて、何と抜き取られたMg.Thaneの心臓の中に閉じ込められてしまうのです。

この作品が斬新なのは物語全体の7割くらいをヒロインが心臓の中を彷徨って歩くというトンデモ設定で、
その過程でCeonyはこの心臓の主であるMg.Thaneの記憶を辿り、Liraとの関係を知り、
さらには自分自身の過去とも向き合いながら、Liraに打ち勝つ方法を探して行くのです。
正直少々冗長な部分やよく考えると矛盾していると思う点もあるのですが、
それを差し引いても十分面白いストーリーなのは確かだと思います。

しかしながら私にとって紙使いと言えば『R.O.D』の読子・リードマン以外におらず、
始めて出会ってから17年間、読子さんは常に私のImaginary Girlfrendのトップに君臨しています。(^^ゞ
彼女は超能力者としての紙使いなのでその威力は直接的でかつ強力で、
紙を強化してナイフの代わりにしたり、銃弾を弾くことさえ出来ます。
Ceonyの場合は魔術師として紙に魔法をかけないと使えないというハンデ?はありますが、
それでも本書の中での紙の使い方はまだまだ甘いなと言わざるを得ず、
次巻では是非その辺の強化もお願いしたいところです。

そう言えば少し前にディズニーの『Rogue One』のチームがこのシリーズの映画化を手がけると
いう発表がありました。
どんな映画になるのか見当も付きませんが、また楽しみがひとつ増えました。(^^)



この本のトレイラーを探したのですがオフィシャルなのは無いようなので、
代わりに R.O.D (OVA) のオープニングをどうぞ。

なんか今回のレビューはグダグダだなあ。(笑)

<関連リンク>
・INDEX – The Paper Magician
・WEB SITE – Charlie N. Holmberg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。