グースバンプス モンスターと秘密の書 (Blu-ray)

■こんなモノを観た

B01BGIXRP4 Goosebumps [Blu-ray] [Import anglais]

by G-Tools

『Goosebumps』と言えばタドキストにとっては最早何の説明もいらない
子供向けホラー小説の大家 R.L. Stainさんの超有名シリーズです。
そのGoosebumpsが映画になって米国では2015年に公開されましたが、
やはりと言うか日本ではほとんど話題にもならず、
最近になってようやく『グースバンプス モンスターと秘密の書』という邦題で公開され、
DVD/Blu-rayも発売されました。

この映画は数ある『Goosebumps』シリーズの特定の作品がベースになっているわけでは無く、
むしろStainさん本人が主役になっているのが何より面白いところ。
そのR.L. Stain役は個性派俳優のジャック・ブラックが演じ、これがなかなかハマっています。
(本当のStainさんがこういう性格だとは思いませんが。(笑))
内容についてはあれこれ書くよりもこちらのトレイラーを見ていただくのが一番かと。



ドタバタなシーンが次から次へと繰り広げられるジェットコースターストーリーは
原作シリーズそのものですし、米国では知らない人はほとんどいないというベストセラー作家だけに、
Stainさんにとっては自虐的な台詞もポンポンと飛び出します。
例えば少年達の「R.L.Stain?最近聞かないな。」「もう消えたんだろ。」という会話には
ニヤリとさせられますし、彼等が本人の前で(本人とは知らずに)
「子供だましの本ばかりでしょせんスティーブン・キングにはなれなかった作家だろ。」
と言うのにカチンときて
「彼(キング)は私に憧れていたんだぞ。知らないと思うけど売り上げ部数は私の方が多いんだよ。」
と言い返すシーンは思わず爆笑してしまいました。
そんなこと言ちゃって良いの?と思ったのですが、
ラストでStainさんご本人が一瞬(それも台詞付きで)登場していますし、
彼自身も納得して楽しんでいるんでしょうね。

私としては『The Giver』のFiona役で可憐な演技を見せてくれたオデイア・ラッシュちゃんが
出ているだけでもう満足なのですが、主役級の登場人物は皆存在感を出していますし、
大人も楽しめる子供向けファミリー映画としてどなたにもおすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。