Too Good To Be True (Quick Reads)

■英語読書の記録(653冊目)

B015D17F1C Too Good To Be True (Quick Reads 2016) (English Edition)
Ann Cleeves
Pan 2016-02-04

by G-Tools

Author : Ann Cleeves
Series : Shetland Island #6.2
Genre : Fiction, Mystery
RL=4.2、単語数=16000(概算)、ページ数=112、☆3.5
[Kindle Edition]

警部Jimmy Perezは離婚した先妻のSarahから救いを求められ、
彼女が住むスコットランドの静かな田舎Stonebridgeにやって来た。
Anna Blackwellという若い女教師が自宅で死体で発見され、
警察は彼女の死が自殺か不幸な事故であったと断定するが、
小さな街ではSarahの夫TomがAnnaと関係を持っていたというゴシップが広まっていた。
SarahはPerezにAnnaの死の真相を探り、Tomの潔白を証明して欲しいと依頼する。
調査が進むにつれてPerezはAnnaの人柄や境遇から自殺はあり得ないと確信し始める。
果たして事件の真相は・・・
・・・
Quick Reads はイギリスのThe Reading Agencyという団体(NPOのようなもの?)が企画して
出版されている、あまり読書が得意ではない人や時間の無い人に向けた一連のシリーズです。
易しい英語でページ数も少なく(100~150ページくらい)、
しかしながら多くは結構有名なベストセラー作家の書き下ろしで、
何より嬉しいのは1冊$1ほどの本が多く、まさに気楽に(そして沢山)本を読みたい人向けの
シリーズだと言えます。

本書の作者Ann Cleevesさんもイギリスの有名なミステリ作家で、
本作は彼女の『Shetland Island』シリーズのサブエピソードという位置付けで、
6.2というシリーズ通番が付けられています。
内容はまさに2時間サスペンス劇場そのものと言ったところなのですが、
読後感はそれが1時間15分で終わってしまったような感じ。(笑)
人物の深い心の葛藤や事件に至るまでの詳細な背景描写などは望むべくもありませんが、
それでもキチンとミステリしているのは流石だと言わざるを得ません。
少なくとも子供向けでは無い本を安価に気軽に読めるのは貴重だと思いますし、
私も長いYAなどに疲れたら冊数稼ぎのために息抜きのためにこのシリーズの
他の本を探してみようと思います。

しかしまだまだこのくらいのレベルの本が一番読みやすいのは少々情けないなあ。(T_T)

<関連リンク>
・INDEX – Ann Cleeves
・WEB SITE – Ann Cleeves
・WEB SITE – The Reading Agency


コメント

  • 初めまして。
    いつも洋書購入の際、レビューを参考にさせていただいています。
    この本はドラマの『シェトランド』を見て、原作はまだ難しいけどQRなら! と思い注文したところだったのですが、全く他では話題にも上っていないもので取り上げられていてうれしく思い、コメントさせていただきました。
    どうも多読界隈は児童書、絵本優勢で大人向けのレビューは本当に少ないので、先日の脱多読宣言を読んでこれからの更新は大人向けも増えるのかな、とわくわくしていたところでした。
    以前、”Where Are The Children?”で書かれていた

    >「俺はこんな子供の探偵ごっこを読みたかったんじゃないんだよ!」と嘆いているそこのあなた。

    はい、まさしくこの心境だったのです。
    今後も希少なAdultsカテゴリの更新を楽しみにしています。

  • 歌音さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    仰る通り脱多読宣言は単語数やページ数にとらわれずに、
    のんびりでも良いので自分が読みたい本を読んでいこうという決意です。
    とは言え肝心の英語力がまだまだなので大人向けの純文学などは
    当分無理そうですが。(^^ゞ
    この本はたまたま目にとまったのですが、
    安価だったのとAnn Cleevesという名前に惹かれて購入してみました。
    (名前は知っていたのですが読んだことはなかったので)
    偶然とは言え興味を持たれている方がいて嬉しく思います。

    多読は卒業したものの当面はYA中心の時々児童書という感じになりそうですが、
    できる限り大人向けの本もチャレンジしてみたいと思っています。
    歌音さんのご期待にどれだけお応え出来るか分かりませんが、
    元々グラス片手にミステリを目指して始めた多読なので
    少しずつでもそれに近づけるように頑張ります。

    ところで この『Shetland Island』シリーズがTVドラマ化されているのは
    恥ずかしながら始めて知りました。
    調べたらもうすぐシーズン2の放映が始まるんですね。
    残念ながら私は今のところ観る手段が無いんですが、
    スカパー加入しちゃおうかなあ。(笑)

    これからも購入の参考にしていただけるように頑張って続けたいと思いますが、
    逆にオススメの本などがありましたら是非教えてくださいね。

  • シェトランドのドラマは私も少し前に一度放送していたS2しか見ていなくて、S1再放送待ちです。
    残念ながらAmazonビデオにもFuluにも今のところ配信がないので、AXNだけが頼りで……
    S2(英国ではS3に当たるらしい)はドラマのオリジナルストーリーだそうですが、すごく面白くて録画しておいたのを一気に見ました。
    今をときめくイケメン俳優とかゴージャスな女優さんは出て来ないので地味ですが、かわりに寒風吹きすさぶ荒涼とした島の風景とか、登場人物の訛りとかが楽しめます。
    個人的にはお勧めです。

    >元々グラス片手にミステリを目指して始めた多読
    私も似たようなもので、ミステリを原書で読みたくて始めました。
    まだ3か月も経っていない(語数だと40万語)ので本当はまだまだ児童書のレベルなのですが、なかなか面白い本がなくて辛くなってきたので、多少わからなくても面白いものを読みたい、とちょっと上のレベルのものに手を付け始めたところです。
    読んでみると意外と何とかなるもんだという手ごたえがあったので、気が付けばいい気になって結構買い込んでしまっていました。
    どんどん増えていく積読本……いずれお勧めできるように頑張ります。

  • 歌音さん、こんにちは。

    >シェトランドのドラマ
    私も調べて見ましたが、やはりストリーミング放送はAXNでしかやっていないようですし、
    DVDも今のところ輸入盤のみで、しかも日アマのUS版はやけに高価で手が出そうにありません。
    でも米アマのプライムビデオには登録されているので、
    そのうち日本でも見られるようになることを祈るしか無さそうですね。

    何万語読んだらどんなレベルの本が読めるようになるかは本当に人それぞれなので、
    どんどん色々な作品に挑戦していただきたいと思います。
    まあ積読本が増えていくのは洋書読みの性みたいなものなので・・・(笑)
    (大きな声では言えませんが、私はKindle本で100冊以上積んでいます)
    児童書やYAにも面白い本は沢山ありますし、
    私もこれからもできる限りこのブログでご紹介出来たらと思っています。
    それではまた気軽に声をかけてくださいね。(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。